ホーム > プレス > ニュース

ジンコソーラーは中印CEOの対話に出席

09/09/2016

2016年9月9日、太陽光パネル大手の中国ジンコソーラー社(以下は“同社”、NYSE: JKS)はインド産業連盟(Confederation of Indian Industry)主催の「中印CEOの対話」を出席したと発表した。同時に「太陽光発電は全面的に伝統的なエネルギーを代替する」という趣旨演説を発表した。

今回の中印CEOの対話は中印両国政界、経済界リーダーを揃え、インド総理莫迪。財政部長Arun Jaitley、インド貿易大臣Nirmala Sitharaman、在インド中国大使館公使刘劲松、インドフォーブス・マーシャル会社の共同会長兼社長Naushad Forbesなども出席した。会議に出席する指導者は参加企業の間に潜在的な協力チャンスを拡大、実際の行動で両国が新エネルギー等方面の商業協力を深めにつきまして交流した。

ジンコソーラーの副会長銭晶が会議で「目前、多くの国と地域で、太陽光発電のコストは火力発電よりもっと安くなりました。インドでは太陽光発電の価格もか火力発電の価格と近く、これは太陽光発電は伝統的なエネルギーを全面的に代わり、エネルギー変革のきっかけとなります。世界一位の太陽光発電企業として、ジンコソーラー2016年上半期の出荷量は3300 MWを超えて、出荷量は世界一となりました。業界をリーダーする技術と品質で、kWhのコストを低減させました。太陽光発電の発展を推進しています。2017年、インドの屋上太陽光発電市場は700MWに増加し、今年9月まで累積設置容量は1GWを突破し、前年同期比300%のプラス成長となりました。国際多市場研究機関の報告によると、2016年インドは中国、アメリカと日本に次ぎ、世界第4位の太陽光発電市場となってきます。」とコメントした。

ジンコソーラーはTUVラインランドと協力、両面モジュール評価方法の標準化を推進

07/11/2017

上海、2017年7月11日、世界をリードする太陽光パネルメーカーのジンコソーラーホールディングス株式会社(“ジンコソーラー株式会社”)(NYSE:JKS)は業界で有名な第三者機関TUVラインランド(ドイツ語:TÜV Rheinland)と協力し、両面モジュール評価方法の標準化を構築し、両面モジュー.

詳細へ

ジンコソーラー、量産型モジュールの耐PID性能がダブルIEC標準に達す

07/11/2017

上海、2017年7月11日、世界をリードする太陽光パネルメーカーのジンコソーラーホールディングス株式会社(“ジンコソーラー株式会社”)(NYSE:JKS)は、世界初の量産型のPVモジュールがダブルIEC62804標準の耐PID性能テストを通過したPVモジュールメーカーであると発表した。同社の量産レ.

詳細へ

高効率モジュールを連れ、ジンコソーラーはPV Japan 2017に出展

07/05/2017

2017年7月5日(木)〜7日(金)、太陽光発電に関する総合イヘント「PV Japan 2017」がパシフィコ横浜にて開催される。7月5日、太陽光パネルの大手ジンコソーラーはPERC単結晶ハーフカットセル、マルチバスバー単結晶モジュールなど高効率モジュールを連れて、展示会に出展したと発表した.

詳細へ