ホーム > プレス > ニュース

ジンコソーラーは2016年度技術大会を主催

11/22/2016

上海—2016年11月22日、太陽光発電(PV)産業の世界大手ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.、 NYSE: JKS)は2016年度技術大会を成功に主催したことを公表した。150位以上の専門者、科学者、国際リーダする科学研究機関、協会、企業や高等学校などが会議に出席した。

丸一日の技術大会は太陽光発電技術を中心に、太陽光発電科学と工事の発展を含め、基礎から応用分野まで、そして、材料科学、設備、システム、太陽光資源と関連政策研究に偏重する。ジンコソーラーの社長李仙徳は開会の挨拶を述べた。その後、ジンコソーラーの首席の科学者金浩博士がスピーチを発表し、ここ数年来、ジンコソーラーは太陽光発電技術研究や応用面で取得した成果を紹介する同時に、三つの新製品を展示された。
 
今回の技術大会は国際間の技術交流と分かち合いを促進し、出席した皆さんから高い評価を受けた。業界者も今回のセミナーをきっかけとして、太陽光発電業界の発展を検討し、共に太陽光発電の世界を創造することを期待している。

ジンコソーラーはTUVラインランドと協力、両面モジュール評価方法の標準化を推進

07/11/2017

上海、2017年7月11日、世界をリードする太陽光パネルメーカーのジンコソーラーホールディングス株式会社(“ジンコソーラー株式会社”)(NYSE:JKS)は業界で有名な第三者機関TUVラインランド(ドイツ語:TÜV Rheinland)と協力し、両面モジュール評価方法の標準化を構築し、両面モジュー.

詳細へ

ジンコソーラー、量産型モジュールの耐PID性能がダブルIEC標準に達す

07/11/2017

上海、2017年7月11日、世界をリードする太陽光パネルメーカーのジンコソーラーホールディングス株式会社(“ジンコソーラー株式会社”)(NYSE:JKS)は、世界初の量産型のPVモジュールがダブルIEC62804標準の耐PID性能テストを通過したPVモジュールメーカーであると発表した。同社の量産レ.

詳細へ

高効率モジュールを連れ、ジンコソーラーはPV Japan 2017に出展

07/05/2017

2017年7月5日(木)〜7日(金)、太陽光発電に関する総合イヘント「PV Japan 2017」がパシフィコ横浜にて開催される。7月5日、太陽光パネルの大手ジンコソーラーはPERC単結晶ハーフカットセル、マルチバスバー単結晶モジュールなど高効率モジュールを連れて、展示会に出展したと発表した.

詳細へ