ホーム > プレス > ニュース

ジンコソーラーは2017上海SNEC展示会で6つ新製品を展示される

04/19/2017

上海, 2016127日 太陽光発電(PV)産業の世界大手ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.NYSE: JKS)は、上海SNEC展示会で6つの新製品を発表、世界にスーパー功率の概念を誇示する。新製品はPERC高効単結晶モジュール(60枚、310ワット)、MCT高効多結晶モジュール(60枚、285ワット)、MCT両面ガラス多結晶モジュール(60枚、285ワット)、N型両面モジュール(60枚、正面310ワット、バックの発電量が10%〜30%を増加)、PERC単結晶ハーフモジュール(60枚、320ワット)、多バスバー単結晶モジュール(60枚、320ワット)、新製品の出力は業界ライバルの製品より5-10ワットを高くなると発表した。

ジンコソーラーは基本的に高効率多結晶モジュールを中心に製造してきたが、今回の新製品はPERC高効率単結晶モジュールが中心となる。新PERC単結晶モジュールはPERCセル技術を採用し、60枚モジュール最高功率は310ワットとなる。同時にジンコソーラーは新PERC単結晶ハーフモジュールを展示する、低抵抗ハーフセルモジュール技術と12パスパー技術を採用し、60枚モジュールの功率は320ワットとなり、市場で最高効率のPERC単結晶製品となる。今回の展示はジンコソーラーの単結晶と多結晶の種類が充実している。

MCTブラックシリコンシリーズ製品は金属触媒テクスチャー技術を使って、よりよい弱光パフォーマンス及び低抵抗特性のメリットがある。また、荷重抵抗性能がアップするため、マイクロクラックの発生率が大幅抑えらる。両面ガラスのブラックシリコン多結晶モジュール構造は阻水性能がアップします。30年の発電保証寿命があり、2つのモジュール最高功率は285ワットとなる。

 

ジンコソーラー、「ダボス会議2017」に出席

06/27/2017

大連,2017年6月27日-中国の大手太陽光パネルメーカーであるジンコソーラーホールディングス株式会社は(“ジンコソーラー”)(NYSE:JKS)6月27日~29日中国大連で開催される世界経済フォーラム「ダボス会議2017」に出席し、政治と商業のトップメンバーと一緒に.

詳細へ

ジンコソーラーがSMBC幹事の日本の銀行コンソーシアムと41億円のシンジケートローン契約に調印

06/26/2017

上海2017年6月26日, 太陽光発電(PV)産業のグローバルリーダー、ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.、NYSE: JKS、以下「ジンコソーラー」または「同社」)は27日、同社の子会社、ジンコソーラージャパン株式会社(JinkoSolar Japan.

詳細へ

ジンコソーラー、北海道の太陽光発電プロジェクトに38.4MWのモジュールを提供する

06/22/2017

上海, 2017 年 6 月 22 日-中国の最大手太陽光パネルメーカーであるジンコソーラーホールディングス株式会社は(“ジンコソーラー”)( NYSE : JKS )富士電機株式会社の北海道苫小牧市のプロジェクトに 38.4MW モジュール.

詳細へ