ホーム > プレス > ニュース

ジンコソーラーは2017上海SNEC展示会で6つ新製品を展示される

04/19/2017

上海, 2016127日 太陽光発電(PV)産業の世界大手ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.NYSE: JKS)は、上海SNEC展示会で6つの新製品を発表、世界にスーパー功率の概念を誇示する。新製品はPERC高効単結晶モジュール(60枚、310ワット)、MCT高効多結晶モジュール(60枚、285ワット)、MCT両面ガラス多結晶モジュール(60枚、285ワット)、N型両面モジュール(60枚、正面310ワット、バックの発電量が10%〜30%を増加)、PERC単結晶ハーフモジュール(60枚、320ワット)、多バスバー単結晶モジュール(60枚、320ワット)、新製品の出力は業界ライバルの製品より5-10ワットを高くなると発表した。

ジンコソーラーは基本的に高効率多結晶モジュールを中心に製造してきたが、今回の新製品はPERC高効率単結晶モジュールが中心となる。新PERC単結晶モジュールはPERCセル技術を採用し、60枚モジュール最高功率は310ワットとなる。同時にジンコソーラーは新PERC単結晶ハーフモジュールを展示する、低抵抗ハーフセルモジュール技術と12パスパー技術を採用し、60枚モジュールの功率は320ワットとなり、市場で最高効率のPERC単結晶製品となる。今回の展示はジンコソーラーの単結晶と多結晶の種類が充実している。

MCTブラックシリコンシリーズ製品は金属触媒テクスチャー技術を使って、よりよい弱光パフォーマンス及び低抵抗特性のメリットがある。また、荷重抵抗性能がアップするため、マイクロクラックの発生率が大幅抑えらる。両面ガラスのブラックシリコン多結晶モジュール構造は阻水性能がアップします。30年の発電保証寿命があり、2つのモジュール最高功率は285ワットとなる。

 

ジンコソーラーは複数の電池モジュール技術が世界記録に達成 ジンコソーラー、単結晶PERC電池の転換効率22.78%に達成

10/25/2017

2017年10月25日、世界をリードする大手太陽光パネルメーカーのジンコソーラーは複数の電池モジュール技術が世界記録を達成したと発表しました。中国科学院の検査実験室の検証によって、ジンコソーラー開発のP型単結晶PERCセルの転換効率は22.78%に達成し、新しい世界記録を作りました。これは.

詳細へ

ジンコソーラーは、ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスによるプロジェクト債権融資に使用された太陽電池ブランド選抜でチャンピオンを獲得、「最もバンカビリティー」のあるモジュールメーカーと評価された

09/20/2017

上海 - 2017年9月20日 - 世界をリードする太陽光パネルメーカーのジンコソーラーホールディングス株式会社(“ジンコソーラー”)(NYSE:JKS)はブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(「BNEF」)によるプロジェクト債権融資に使用された太陽電池ブランド選抜において、52のモジュ.

詳細へ

ジンコソーラーが関西PV EXPO2017に出展

09/20/2017

上海、2017年9月20 日,世界をリードする太陽光パネルメーカーのジンコソーラーホールディングス株式会社(“ジンコソーラー”)(NYSE:JKS)は半セル、N型両面ガラスモジュールなど多種高効率製品を連れ、関西PV EXPO 2017に出展します。 .

詳細へ