ホーム > プレス > ニュース

ジンコソーラーは中国初、 TUVラインランドIEC61345テストに合格

05/11/2017

上海-2017年5月11日 世界をリードしてるのPV企業ジンコソーラーホールディングス株式会社(“ジンコソーラー株式会社”)(NYSE:JKS)はTÜV ラインランドのIEC61345テストに合格したと発表した。


環境試験関連の評価では,IEC(国際電気標準会議)規格,JIS(日本工業規格),ASTM( 米国材料試験協会)規格などに規定がある。代表的なものには,認証試験規格 IEC61215,IEC61646,耐UV試験規格IEC61345がある。現在業界で使用しているモジュール認証のIEC61215標準でのUVテストと比べ、IEC61345がもっと厳しい。IEC61345はモジュールがUVB(280nm~320nm)の条件で紫外線照射への耐性能力を検証し、正面の照射量が累計7.5KWh/m2を超え、バックの照射量が累計0.75KWh/m2を超えると要求する。その要求を満たすために、モジュールの正面はUVA+UVB(280nm~400nm)の条件で総照射量が137.8KWh/m2に達した。

「ジンコソーラーは中国初のIEC61345を合格したPV企業として、とても光栄です。これは弊社の技術が業界でリードしている事の証明です。我々は顧客に高品質と高い信頼性のある製品を提供し、太陽光発電の先進技術をリードします。」とジンコソーラーチェン・カンピンCEOと語った。


ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について

ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国・地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2016年12月31日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、シリコンインゴットとウエハーで5GW、太陽電池で4GW、太陽光発電モジュールで6.5GWの年間総発電容量がある。ジンコソーラーはまた中国国内で電力を販売しており、2016年3月31日時点で、約1007MWの太陽光発電プロジェクトをグリッドに接続、稼働しております。

ジンコソーラーは中国・江西省と浙江省、新疆省、マレーシア、ポルトガル、南アフリカに6つの生産施設、中国(2)、イギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、アラブ首長国連邦は、ヨルダン、サウジアラビア、クウェート、エジプト、モロッコ、ガーナ、ケニア、コスタリカ、コロンビア、ブラジルとメキシコに18の世界販売オフィス、日本(2)、シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリアや南アフリカに15の海外子会社を持ち、従業員計1万5000人以上を雇用しております。

【セーフハーバーステートメント】

このプレスリリースには、1933年米国証券法のセクション27A(その改正を含む) 、1934年米国証券取引法のセクション21E(その改正を含む) 、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act)で規定されている、「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述には、「予想」、「確信」、「見込み」、「期待」、「将来性」、「意図」、「計画」、「推定」のほか、これらの類義語を用いたものが含まれることがあります。こうした記述は、実際の業績や結果が、この記述と大きく異なる要因が存在するリスクと不確実性があります。これらおよびその他のリスクの詳細については、2012年4月18日(2012年4月19日改正)に証券取引委員会(SEC)に提出した2011年12月31日までの年次報告書フォーム20-FとJinkoSolarのパブリック・ファイリングに含まれています。このプレスリリースに記載のすべての情報は、2013年1月18日現在のものです。法律によって要求される場合を除き、JinkoSolarは、そのような記述を行った日以降に、不測の事態が起こっても、その結果に関わらず、いかなる将来見通しに関する記述を更新したり、公に改訂する義務を負わないものとします。
 

ジンコソーラーはTUVラインランドと協力、両面モジュール評価方法の標準化を推進

07/11/2017

上海、2017年7月11日、世界をリードする太陽光パネルメーカーのジンコソーラーホールディングス株式会社(“ジンコソーラー株式会社”)(NYSE:JKS)は業界で有名な第三者機関TUVラインランド(ドイツ語:TÜV Rheinland)と協力し、両面モジュール評価方法の標準化を構築し、両面モジュー.

詳細へ

ジンコソーラー、量産型モジュールの耐PID性能がダブルIEC標準に達す

07/11/2017

上海、2017年7月11日、世界をリードする太陽光パネルメーカーのジンコソーラーホールディングス株式会社(“ジンコソーラー株式会社”)(NYSE:JKS)は、世界初の量産型のPVモジュールがダブルIEC62804標準の耐PID性能テストを通過したPVモジュールメーカーであると発表した。同社の量産レ.

詳細へ

高効率モジュールを連れ、ジンコソーラーはPV Japan 2017に出展

07/05/2017

2017年7月5日(木)〜7日(金)、太陽光発電に関する総合イヘント「PV Japan 2017」がパシフィコ横浜にて開催される。7月5日、太陽光パネルの大手ジンコソーラーはPERC単結晶ハーフカットセル、マルチバスバー単結晶モジュールなど高効率モジュールを連れて、展示会に出展したと発表した.

詳細へ