ホーム > プレス > ニュース

ジンコソーラー、Swanシリーズの新製品が2019 SNECに登場

06/10/2019

2019年6月4日、世界の非常に革新力がある太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSE:JKS)は、七種類の新製品を携えて上海の2019年のSNEC展示会に出展したと公表する。今回の新製品には、Cheetah(チータ)とSwan(スワン)両面の2つのシリーズの高効率モジュールが含まれて、産業をリードし、全面的にグリッドパリティの高効率単結晶の新時代に入った。

ジンコソーラーのCheetahシリーズの人気新製品として、Swan透明なバックシートの両面モジュールは、効率、年間発電量、信頼性、LCOE(Levelized Cost of Electricity、均等化発電原価)などの指標において突破を実現し、業界の両面モジュールの発展の勢いをリードしている。新製品は、高効率のCheetah両面電池技術とデュポン™Tedlar®の透明薄膜技術を組み合わせて、最大正面発電効率が415Wを実現する以外、裏側に最大25 %の発電利得に達することができる。そして、30年間のリニアパワー品質保障を提供する。

同時に、軽量化のSwanモジュールで、設置も便利になった。これにより、システムのコストの低下も効果的に促進され、投資家のために最大限にLCOEを削減し、より高い投資収益率をもたらす。このような優位性に基づいて、Swanモジュールは唯一のモジュール製品として、2019 Intersolar太陽光発電賞を受賞した。

今回のSNEC展示会の中で、同期登場したSwan N型両面透明なバックシートのモジュールの最大正面発電効率が425Wを実現し、裏側に5%~30%の発電利得に達することができる。ジンコソーラーの先端N型HOT技術の応用を通じて、Swan N型両面モジュールの変換効率が20.76%を達成した。同時に、MBB(マルチバスバー)タイプのセルを搭載し、モジュール内部の電流熱損失を低減するとともに、電流の収集能力をより均一にする。

気になるのは、最大正面発電効率が460Wに達成したSwan Plus両面モジュールも今回のSNEC展示会に登場し、業界のモジュールの変換効率の記録を更新し、展示会でも多くの参加者から注目された。多くの先進技術を組み合わせて運用することを通じて、同モジュールの裏側に5%~30%の発電利得に達することができる。それ以外、ローインピーダンス接続技術を活用するのは、N型モジュールの逆電流のホットスポットを効率的に低減し、後期の信頼性があるモジュールの運営に重要な技術を提供している。

「産業構造転換と技術のイテレーションが世界の太陽光発電の版図を再構築して、ジンコソーラーは産業をリードして、高効率時代に先駆けています。今後、私たちは技術革新を促進して、グローバルな太陽光発電産業に向け、グリッドパリティのためにもっと素晴らしいエネルギーソリューションやクリーンエネルギーを提供します。」とジンコソーラーCEO陳康平がコメントしました。


ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2018年12月31日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、シリコンインゴットとウエハーで9.7GW、太陽電池で7.0GW、太陽光発電モジュールで10.8GWの年間総発電容量がある。

ジンコソーラーは世界で6ヶ所の生産拠点があり、日本(2)シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア、南アフリカ、アラブ首長国連邦、15の海外子会社を持ち、販売チームはイギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、ヨルダン、サウジアラビア、南アフリカ、エジプト、モロッコ、加納、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマとアルゼンチンに広がって、従業員が1万2,000人以上を雇用しております。

【セーフハーバーステートメント】
このプレスリリースには、1933年米国証券法のセクション27A(その改正を含む) 、1934年米国証券取引法のセクション21E(その改正を含む) 、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act)で規定されている、「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述には、「予想」、「確信」、「見込み」、「期待」、「将来性」、「意図」、「計画」、「推定」のほか、これらの類義語を用いたものが含まれることがあります。こうした記述は、実際の業績や結果が、この記述と大きく異なる要因が存在するリスクと不確実性があります。これらおよびその他のリスクの詳細については、2012年4月18日(2012年4月19日改正)に証券取引委員会(SEC)に提出した2011年12月31日までの年次報告書フォーム20-FとJinkoSolarのパブリック・ファイリングに含まれています。このプレスリリースに記載のすべての情報は、2019年6月6日現在のものです。法律によって要求される場合を除き、JinkoSolarは、そのような記述を行った日以降に、不測の事態が起こっても、その結果に関わらず、いかなる将来見通しに関する記述を更新たり、公に改訂する義務を負わないものとします。

投資者とメディアは下記と連絡してください:
Mr. Sebastian Liu
JinkoSolar Holding Co., Ltd.
Tel: +86 21 5183 3056

ジンコソーラージャパン、三井住友銀行などからのシンジケートローンが67億円に増額

07/02/2019

中国上海、2019年7月2日、世界の非常に革新力がある太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSE:JKS)は、日本子会社のJinkoSolar Japan K.K.が今年6月の年次審査で2018年6月に締結した上限2年間、総額53億円のシンジケートローンが67億円に引き上げられたと発表した。 .

詳細へ

ジンコソーラー、五年連続でPVEL / DNV GLからPVモジュール信頼性スコアカードの「トップ パフォーマー」を受賞

06/10/2019

2019年6月10日、世界の非常に革新力がある太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSE:JKS)は、五年連続で米PV Evolution Labs(PVEL)とDNV GLから2019年の太陽光パネルの信頼性に関する調査結果をまとめた報告書「PVモジュール信頼性スコアカード」の「トップ パ.

詳細へ

ジンコソーラーがセル効率、モジュール出力の業界記録を更新

06/03/2019

2019年6月3日、世界の非常に革新力がある太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSE:JKS)は本日、中国権威的な機構の中国科学院テスト実験室今年3月のテストによる、本社のCheetah(チータ)型セルの最高変換効率が24.38%に達した、N型高効率単結晶セルの最高変換効率が24.58%に達.

詳細へ